世界のデスクトップPCにおけるブラウザのシェア

世界のデスクトップPCにおけるブラウザのシェア



StatCounter調べによる、世界のデスクトップPCにおけるブラウザのシェア。

Chromeはすでに過半数を超えるシェアなのか。
3年前まではChrome、IE、Firefoxが拮抗していたのに、
ここまで差が開くとは。
IEは評判がどうもいまいちだったけど、Firefoxとここまで差が開く
のはブラウザ以外でグーグルが有名だからなのだろうか?

SafariとOperaはマイナーなままな状態を抜け出せないのか。
評判はいいんだけどね。

モバイルやタブレットを入れたデータでもさほど同じような数字だ。

日本に限ってシェアを見ると、IEが40%超で首位。
それにChromeが30%台と迫る。

日本でもChromeが勢いがあるようなので、世界の状況に近くなっているようだ。

これはグーグルがブラウザではなく、スマホなどで世界的に攻勢をかけている
からなのだろうか。
様々な種類のサービスを展開しているグーグルの知名度が影響しているのか。
でも、それだとアップルももうちょっとシェアがあってもよさそうだけど
SafariってWindows版は古いバージョンしかなく、その後の新バージョンは
登場してないのだよね。
シェアが伸びようがないわけですね。

個人的にはChromeだけが極端に使いやすいブラウザとは思っていないけどな。
個人的には玄人好みのようなブラウザだと思うのだけれども。
拡張機能は評判がいいみたいだけど、情報がどうのこうのと、
Chromeを警戒する書き込みがネットでは定番で、いまいち、
Chromeの本当の使い勝手がよくわからないかな。

ソフトにこだわりの強いユーザーは詳細な部分にこだわりを持つので
ライトユーザーほどブラウザにはこだわりは薄いだろうけど、
閲覧するサイトによって使い分けをしている場合が多いのか。
結局、メインブラウザはある程度、決まっているようだけど、
サブブラウザを複数使っているユーザーもいるようで、
こだわりの強いユーザーほど複数使いのような気がしている。
関連記事
スポンサーサイト