富士通、2016年春にPC事業を分社化

富士通、2016年春にPC事業を分社化



経営判断を効率よくして、業績不振に対応する。

うーん、世界全体でパソコンの売り上げは落ち込んでいるようだから、
富士通さんだけの問題というわけでもない。

世界全体のパソコンの売り上げが低迷している中で、富士通さんはその中の1社
という立場で少しでも業績不振を何とかしようという1手ということですね。

富士通さんのパソコン(デスクトップPC、ノートPC)は
壊れにくいし、外観デザインも悪くないし、
堅実で安定性のあるパソコンだと思っています。
その堅実で安定性を確保するのに若干、お金がかかっているのか、
ネット通販や家電量販店での販売価格は安いとは言えない価格。
さすがに海外の安いメーカーや国内のBTOパソコンと比較するのも
かわいそうな気もしないでもありませんが、
割高感を感じるのは日本の消費者の皆さんの間でも有名なのかも。

Yahooニュースのコメント欄では富士通パソコンのファンの方々は思ったよりも
多いようで、富士通パソコンしか使用しない、買わないという意見もあった気がします。

安いパソコンを使い捨てに近い形で使用するか、
堅実で安定性もあり、壊れにくい高いパソコンを使用するか、
これは消費者側の好みや使い勝手にもよるのです。
自分の好みや使い勝手を考えて購入を検討するのがいいだけですね。

堅実で安定性もあり、壊れにくい高いパソコンの需要自体はこれからもあると
思うので、富士通さんには頑張ってもらえればと思います。

もちろん、パソコンだけの問題ではなく、スマホ、タブレットなど
他のメディア、デジタルデバイス、機械にシェアが奪われているかもしれないという
データもありますので、要因がパソコン業界だけというわけでもないですからね。

パソコンも性能、スペック的に差別化を図りにくくなりましたからね。
内部のパーツはだいたいどこのメーカーのパソコンを似たようなものですから。
しかし、この詳細なパーツにもこだわりがありますから、消費者は。
でも消費者全体から見れば少数派なので、
パソコン事業存続にはあまり影響するようなこだわりの部分ではないと思うのですが。

何でもそうですけど、細かくこだわればこだわるほど時間もお金もかかる。
それは安くすませるというのはたぶん無理な話。

堅実で安定性のある高いパソコンの売り上げが少数になれば、
生産自体を考える必要が出てきますね。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。