消費税アップ直前、Windows 7の売れ行きが加速

消費税アップ直前、Windows 7の売れ行きが加速

「消費税アップ直前、Windows 7の売れ行きが加速」へリンク

えーと、そうなんですかね。
ネット通販でもwindows7のPCの売れ行きはいいみたいですけどね。
windows8は人気がないのか。
確かにアクセスも8は少ないですね。
まだまだ普及には至っていないのですかね。

ネット上ではかなり評判の悪い8ですが、7とほぼ同じように使用できる方法も
あるようですね。

イメージが先行しすぎているのか。
8は立ち上がりが7と比較しても速いのですが、それでもイメージを払拭できていない模様。

7に慣れたユーザーが7を推す理由はあると思うのですが。

XPを使い慣れたユーザーには7の方が敷居が低い。
8はそれプラス新たな使い方を覚える量が多い。

ということなのか。

OSであるからこそ、できるだけ使い慣れた使い方に近い方が選ばれる。
という結果でしょうか。

まあ細かな操作はXPと比較して、7,8もそれぞれ違うのですが、
細かな操作まで行くまでの操作は7の方が近い。
そこが8の普及が進まない最大の原因だったりして。

でも、パソコンのユーザーの大半はヘビーユーザーではなく、ライトユーザー
ですので、そこの所が一番重要なんですかね。

もしくはまったく別の理由。
windows7の中古パソコン、アウトレットPCの方が価格が安いから。
先に販売された分、OSではなくスペック的に若干劣る。
体感できるほどではないにしても、物理的に販売年から時間が立っているので、
価格が安い。

この記事はあくまでもOSの話ですが、総合的にも7PCでも遜色がないのかな。

増税ついでということで、
プロセッサの電源管理で電力を節約しましょうかね。
といっても高速に設定しないと見るからに動作が遅くなるので
あくまでも高速のままですが。
他で設定しましょうかね。
NECのPですけど、ECOモードの設定というので大まかな設定は
できるのですよね。
詳細な設定はOSからの方が良いようですが。
ただ、ここまでの微調整は体感できるのかどうかも
わからないので、あくまでも高速にしているのですが。
「最大のプロセッサの状態」も100%ということで。

せっかく割とパフォーマンスの良いパソコンを購入しても
アンダースペックになるような設定で使用しても意味がないのでは?
と思ったりもしますね。
いくら節約、省エネ設定といっても。

ディスプレイの明るさも最大で。
これがすごく綺麗ですからね。

ということで設定もパソコンのパフォーマンスを生かす
設定ですと、節約にはならないかもしれないですね。

あとはパソコンの前を離れた時に、どれだけ短時間で
ディスプレイの電源を切る時間、スリープにするかという設定を
短時間に設定するかくらいでしょうか。
ものすごく細かなことですが、この積み重ねが消費電力を
おさえることにつながるので、細やかな設定が必要になってくる
のかもしれませんね。

これはもう習慣によりますのでね。
ひとそれぞれの設定になるのでしょうけどね。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。