Google Chrome バージョン 57.0.2987.110 (64-bit)

ひさしぶりに「Google Chrome バージョン 57.0.2987.110 (64-bit)」
(現在のバージョンですけど)
をダウンロードして使用してみました。

ブラウジングは速くスムーズですね。
昔は不安定な印象がありましたが、すっかりスムーズで印象がいいです。

なぜ今、「Google Chrome」かというと、
メインで使用していた「Mozilla Firefox」の新バージョンのアップデート後、
かなりブラウジングが遅くなりましたので、別なブラウザを使用してみようと思ったわけです。

「Mozilla Firefox」も高速化する方法がいくつかあるようでしたが、
別な速いものがあれば、それでもいいや、と思い、ひさしぶりに
「Google Chrome」をダウンロードしてみたというわけです。

いや~、もっと早くサブのブラウザとして利用しておけばよかったかな。

で、「Mozilla Firefox バージョン 52.0.1 (32 ビット)」に更新をしたら、
またちょっと速さが元に戻ったかも?
まあ、それでも「Google Chrome」の方が速そうですけど。

やはり、ブラウザは何種類か用意しておいた方がいいですかね。
バージョンがアップデートされた時に使用しにくくなることもありますからね。
高速化の手順をふむのがめんどくさい、と思う人もいるでしょうから。
私みたいに。
あと、初心者向けではない感じだから。
スポンサーサイト

背後が透けて見える「透明ディスプレー」、パナソニックが2019年度にも商品化

ガラス状のパネルだから後ろがスケスケなのか。
スケルトンの腕時計や万年筆みたいだ。
棚の扉や引き戸のガラス部分に取り付けることもできる。
サブのテレビとしては便利かもしれない。
映像を見る時だけ、全面に映像が出るのかな。
普段はただのガラス状の物体なのか。

何だか、だんだんアニメに登場するモニターみたいになってきましたね。
ガンダムとか、宇宙で活動する物語系のアニメで見かけるっぽい。

富士通、レノボとパソコン事業統合へ ブランドや工場は存続

富士通がパソコン事業を世界最大手の中国、レノボ・グループと統合する方向で調整。
ああ、富士通もか。
NECに続いて。
スマートフォンやタブレット端末などの普及により、
パソコンの市場は縮小しているためのようだ。
やはり、これですか。

もう、パソコンは売れないのですね。
ゲーミングPCとか、3DCG向けとかは売れそうですけど。
もうちょっと、ライトなユーザー向けのパソコンは厳しいのですね。

まあでも、今ある、FMVとかのブランドは残るのだろうか?
全部レノボになるのか?
どういった調整内容なのかによるけど。

富士通のパソコンも結構いいと思うんだけどな。
まあ、いいものだから売れるというわけではなかったのだろうけど。

PC-98シリーズ

NECのPC-98シリーズってまだ需要があるのですね。
「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」(テレビ東京)
で、PC-98の修理を行っている企業がありましたか。

取り上げられていたのは、利用する企業は航空機の部品を製造している企業。
部品の設計図がPC-98で作ったものなので、
互換性のない最近のPCに設計図のデータが移せないそうだ。
それで、PC-98を修理しながら利用しているわけですね。

懐かしい外観だったけど、まだ需要が普通にあるのですね。

家にはノートパソコンのPC-9821NB7がありますけど、
利用はしてないですからね。
使えるには使えるのですけど。

ソニーの新型ウォークマンは市場想定価格が30万円

ソニーの新型ウォークマンは市場想定価格が30万円もするのか。
最上位モデル、NW-WM1Zが30万円かな。

どれほどの高音質なのか。
そして、ボディは無酸素銅を削り出して、金メッキを施したもの。

下位モデル、NW-WM1Aはアルミ。
これでも12万円。

いやー、凄まじい価格だ。

外観のデザインは最先端を行っているという感じがあまりしないな。
昔懐かしのデザインに近い感じがしないでもない。

音にこだわりのある人、オーディオマニアなら買うのだろうか。

家電メーカー、音楽産業ならこだわりの高級家電を追求するというのは王道だ。
このウォークマンもそのような部類の商品か。

私は一体型デスクトップパソコンでYouTubeでミュージックビデオをたまに再生して聴くくらいか。
YAMAHAのスピーカがサウンド機能として搭載されている。
音は良い方だと思う。
しかし、イヤホンは100円ショップ、ダイソーで購入したものだ。
私的にはこれで十分だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。